読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナハンライダー V7 's diary

motoguzzi V7 Classicに乗る(初心者に近い)リターンライダーです。

骨折+4日目(入院2日目)

鎖骨
2009年9月8日(火)

朝方の飛び起き事件後はなんとなく寝たような気がした。
なんか救急が運ばれて来るかもと看護師さんがバタバタされて目が覚めた。結局来なかったが、いつもこんな緊迫感を持って仕事されているんだなあ‥大変です。

朝食が来た。食欲はあるので、早く血となり、肉となるのじゃ~と、とにかく食べる。右腕が上がらないので、1人で食べる場合は、格好悪いが「犬喰い」状態です。まだ挿管された喉が痛い。
顔を洗って、歯磨きする。右手がうまく使えないのは不便だなぁ・・・鏡を見るとひどい顔だ。
トイレは歩行器や車椅子でも入ることができるようにドアではなく、カーテンしかない。足元も20センチくらい空いているし、あまり落ち着かない。奥さんが来てくれた。着替えの手伝いや体を拭いたり、まったく申し訳ない限りだ。感謝です。



抗生物質の点滴は朝と夕方の2回だ。少量なので20分くらいで終わる。

ベッドから起きるのに、右半身に力が入らない(痛い)ので、非常に起きにくいぃぃですぅ!!と、看護士さんに言ったら、なんと! 正式名はわかりませんが、「ベッドから起きるときの補助ロープ」をつけてくれた。やはり、ちゃんと用意されているものだ、と妙に感心した。右肩を使わないように起きたり、寝るのに左手1本でロープを持って、「よいしょ、よいしょ」とやるのは、思ったより重労働で、腹筋、首が筋肉痛になってしまった。ある意味、いいトレーニングだな。こりゃ。
←こんな感じで、ヨイショ

貼ってあったガーゼの辺りが痒かったのあり、夕方のガーゼ交換でさっぱりした。やはり結構出血していたようで、ガーゼは真っ赤だった。首が痛くて回らないので、切開した肩のところは見えなかったのが残念。なんでも血を抜くためにパイプを埋めていたらしく、それを取り、消毒してガーゼ交換完了。

先生から始めてレントゲン写真を見せてもらった。おおおおお、ネジが5本写っている。確かに鎖骨の割れていたところが、固定されているように見える。「きれいに固定できています、傷口も出血しているが、パイプも取ったので大丈夫でしょう」ということだった。自分の右肩が今はああなっているのかと思うとなんだか、変な感じだ。取り外すまでよろしく!
←おおおおおおおお、ネジ5本止め?これで晴れて改造人間!

夕食が来た。とにかく食べる!奥さんと一緒に娘も来てくれた。娘はこういうイベントは好きなので、なんか目が輝いている。ベッドのそのロープを見て「お父さんが逃げないようにしてるの?」と一言。さすが我が娘。その一言に癒されました。ありがとう。
昨日よりは痛いは和らいで来たが、今日はゆっくり寝ることはできるかな。

昼食です。